蓋と城

マンホーラーの城巡り備忘録

波照間島のマンホール(日本最南端)

calendar

reload

波照間島のマンホール(日本最南端)

マンホーラー@shinです。

 沖縄県の八重山諸島のうち、波照間島(八重山郡竹富町)のマンホールを紹介します。このマンホールがの蓋が日本最南端に位置するマンホールになります。になります。

 

波照間島のマンホール(日本最南端)(波照間島のマンホール(日本最南端))

 

スポンサーリンク

デザインの由来

 日本最南端の有人島である波照間島(沖縄県竹富町)のマンホールは、南十字星が綺麗に見える島をアピールしており、同島の展望台である「星空タワー」と共にデザインしています。

波照間島の歴史・城跡

歴史

  • 近世までは琉球王国 
  • 明治41年(1908年)島嶼町村制により間切制の廃止により、石垣間切・大浜間切・宮良間切が与那国島と合併して八重山村となる。
  • 大正3年(1914年)八重山村が分村して西表島・竹富島・小浜島・黒島・新城島・鳩間島・波照間島などの石垣島周辺離島が竹富村となる。

地域の城跡

  • 下田原城
  • コート盛

マンホーラーにオススメの一冊



最後までご覧頂きありがとうございます。
ブログランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

蓋と城のRSSフィードを購読する

follow us in feedly

この記事をシェアする

書いている人

蓋と城

蓋と城

城好きのマンホーラー。日本各地(時には海外へも)の城跡やマンホールを訪ねて旅をしています。100名城スタンプは2冊目に挑戦中。最近は離島の城跡や、琉球王朝関連史跡にはまっています。

error: Content is protected !!