【蓋】喜界島(喜界町)のマンホール

この記事は約2分で読めます。

【日本各地のマンホール!】

 

管理人
管理人

今回は、鹿児島県の離島である喜界町(喜界島)のマンホールを紹介いたします。

スポンサーリンク

デザインの由来

 昭和二十八年(1953年)に日本に復帰した喜界島にある大島郡喜界町は、かつては硫黄の産出地として、日本〜琉球〜中国を結ぶ重要な交易路でありました。マンホールは、熱帯魚と隆起さんご礁の島であることを象徴する「珊瑚」に町章を中心に組み合わせたデザインとなっています。

 

kikaimanhole『熱帯魚と珊瑚に町章をデザインしたマンホール』

地域の城跡

 

 

【喜界島で城跡や史跡を訪ねてみた】(3)御殿の鼻・御仮屋・村田新八寓居・城久遺跡・ウフヤグチ鍾乳洞・勝連屋敷・海軍航空基地・戦闘指揮所
 喜界島での史跡めぐり初日は、島の外周をめぐって平家の伝承地などを訪ねました。2日目は島の内部にある史跡を訪ねてまわります。 御殿の鼻  初日とはうってかわり晴天となった2日目は、喜界島中心街に近い御殿の鼻から見学します。当時は独立した群島権力があった喜界島は、奄美群島にまで勢力を伸ばしてきていた琉球王朝に最後まで抵抗をした島でした。  琉球国の第一尚氏王朝最後の王となった尚徳王は、なかなか野心的な人物であったようで、明の冊封を受けた後、明や朝鮮だけでなく遠くマラッカやジャワなどまで交易船を出して海外交易を推進します。財政基盤を強化したことを背景に領土拡大にも乗り出して、奄美群島を攻略、奄美島・与論島・沖永良部島・徳之島が早々と降伏する中で喜界島だけは激しく抵抗を続けました。  尚徳王は自ら兵二千、軍船五十隻で島を攻めますが、喜界島の首長以下が籠城した砦がこの御殿の鼻と言われています。当時、島の首長は平家残党の後裔だったともいわれており、伝承が本当だったとしてもここで平家は完全に滅びることになったわけです。また、この場所はノロが集まり祭祀を行う祭場でもありま...

最後までご覧頂きありがとうございます。
ブログランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
鹿児島県
スポンサーリンク
蓋と城をフォローする
蓋と城
タイトルとURLをコピーしました