兵庫県の城跡

戦国時代

【戦国】荒木村重の謀反が信長のプレッシャーに追い詰められたからというのは後世の勝手な思い込みではないか?

天正六年(1587年)、織田信長に謀反を起こした荒木村重は、信長のプレッシャーによるものだと一般には語られています。有岡城からの妻子をおいての脱出もあり、その評価は低いですが、本当に村重はそのような低評価をされる武将なのでしょうか。視点を変えて当時の勢力圏を地形から見てみると意外な一面が見えてきます。
2017.06.10
戦国時代

【戦国】黒田官兵衛の幽閉場所はどこ?官兵衛を救った加藤重徳と三奈木黒田氏

黒田官兵衛の有名なエピソードである有岡城幽閉。最近の新資料発見によって定説自体が見直される中、その場所はどこであったのでしょうか。このとき、官兵衛の世話をした加藤重徳の子孫は三奈木黒田氏として福岡藩の重臣として幕末まで続いています。
2018.07.05
兵庫県

【城】黒田官兵衛ゆかりの御着城の痕跡は今でも周辺の随所でたどることができる

小寺氏の居城である御着城は、街道や城下町を惣構えで囲んだ経済重視の拠点でした。目立った遺構はあまり残っていませんが、街中にはその痕跡を今でも見ることができます。
2017.06.11
兵庫県

【現地説明会】有岡城・伊丹郷町第352次調査の現地説明会

有岡城・伊丹郷町の第352次調査の現地説明会では、荒木村重が築いた有岡城以前の伊丹氏時代のものと考えられる惣構え遺構が見つかりました。
2019.08.06
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました