荒木村重

戦国時代

【戦国】荒木村重の謀反が信長のプレッシャーに追い詰められたからというのは後世の勝手な思い込みではないか?

天正六年(1587年)、織田信長に謀反を起こした荒木村重は、信長のプレッシャーによるものだと一般には語られています。有岡城からの妻子をおいての脱出もあり、その評価は低いですが、本当に村重はそのような低評価をされる武将なのでしょうか。視点を変えて当時の勢力圏を地形から見てみると意外な一面が見えてきます。
2017.06.10
兵庫県

【現地説明会】有岡城・伊丹郷町第352次調査の現地説明会

有岡城・伊丹郷町の第352次調査の現地説明会では、荒木村重が築いた有岡城以前の伊丹氏時代のものと考えられる惣構え遺構が見つかりました。
2019.08.06
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました