松永久秀

奈良県

【大和の城郭を歩く】(2)小川城・小川古城

丹生川上神社[中社]の神職であった小川氏は、東吉野の在地勢力として活躍し、長禄二年(1441年)の赤松氏による後南朝からの神璽奪還において小川弘光が功を立てている。居城である小川城は戦国期の松永久秀による改修の可能性が強い。
2019.09.02
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました