蓋と城

日本各地のお城とマンホール情報など

倭城の旅(9) 【泗川倭城・望晋倭城】

calendar

reload

倭城の旅(9) 【泗川倭城・望晋倭城】

mixiから日記を移転中@shinです。

 倭城の旅6日目は晋州国立博物館の見学から開始です。「織田木瓜」の映像など無茶苦茶な時代考証もありましたが、朝鮮出兵時の展示資料としてはそれなりに楽しめます。晋州城見学は有料で、一般(25~64歳)は400ウォン、19~24歳は割引で200ウォンと不思議な年齢区分です(レートは2009年当時)。18時以降は入場料が無料です。

 

倭城の旅(8) 【南海倭城・晋州城】
倭城の旅5日目は高速バスで半島西部に移動して順天倭城や南海倭城を見学しました。                        

 

亀甲船(亀甲船)

晋州博物館の展示品(晋州博物館の展示品)

 

スポンサーリンク

泗川倭城

 博物館を見学後はタクシーで移動します。30分ほどで朝鮮出兵の中でも「蔚山籠城戦」と並んで著名な「泗川の戦い」の舞台となった「泗川倭城(サチョン・ウェソン)」へ到着します。このあたりまで来ると李舜臣戦死の地が近いゆえか、説明板には李舜臣を称える一方で日本を貶めるものや、日本人へのスラングも多く聞くようになります。タクシーの運転手もわからないと思ってなのか「チョッパリ」と平気で言うぐらいですから、そのあたりが気になる人は訪城はやめておいた方が良いでしょう。

 泗川の戦いは江戸初期に島津久通によって書かれた「征韓録」によって詳細な流れがわかります。征韓録によると、泗川での攻防は泗川倭城を中心に泗川邑城(古城)晋州城望晋倭城永春倭城昆陽倭城をめぐっての戦でした。長曽我部元親毛利吉成島津忠豊伊東佑兵秋月種長高橋元種などがわずか2ヶ月で泗川倭城を築城し、本丸には島津忠垣が入り、総指揮官である島津義弘は二ノ丸で指揮をしています。忠垣は義弘の嫡男ですが島津家の跡継ぎであり、その室は島津義久の娘。正式な当主では無い義弘が本丸を譲る形になっていますが、このあたりには島津家内部のお家事情である義久・義弘兄弟の確執が見られ、この島津家の内部政争は関ヶ原合戦にも大きく影響を与えることになります。

 慶長3年(1597年)、明・朝鮮連合の中路軍司令官・董一元と東路軍・麻貴率いる3万7千の大軍に対して、島津義弘は前線である望晋倭城・永春倭城をわざと放棄して泗川倭城に引き寄せ、火器による一斉攻撃で明・朝鮮連合軍が浮き足立ったところへ突撃して撃破。征韓録によると明・朝鮮連合軍の戦死者は3万8千とのことですが、征韓録は島津家による編集なので多少は誇張な数字でしょう。しかし、五大老連名による奉書は発給されているので大勝利であったことは間違いありません。これにより、明・朝鮮の間では「石曼子(シーマンズ)」という名前が長く恐れられることとなりました。

 このように島津の有名を高めた戦いとして歴史ファンにも有名な泗川倭城ですが、遺構自体は復元が微妙で、倭城唯一の復元建造物である大手門は姫路城の模倣。しかも、瓦の紋は島津の「丸に十の字」ではなくてなぜか揚羽蝶(^_^; 付近には明・朝鮮側の首塚も整備されています。

倭城唯一の復元建造物は姫路城を参考に・・・・(倭)城唯一の復元建造物は姫路城を参考に・・・・

石垣も復元されていますが・・(石垣も復元されていますが・・)

首塚(首塚)

スポンサーリンク

望晋倭城

 泗川の戦いの舞台となった倭城の一つ「望晋倭城(マンジン・ウェソン)」は現在は公園化されており、城域は当時のままでも遺構らしきものは見いだせませんでした。晋州城や泗川倭城見学の時間調整にどうぞぐらいのオススメ度です。この「望晋」は征韓録では「望津」と書かれています。晋州城を攻めるための陣城として築かれたので「望晋(晋州城を望む)」なのか、河川・港を押さえる為に「望津」かは、現地の地形がどちらの条件にもあてはまりますので判断がつきません。

望晋倭城から晋州城を見下ろす(望晋倭城から晋州城を見下ろす)

望晋倭城の主郭には鉄塔(望晋倭城の主郭には鉄塔)

 望晋倭城を見学後は長距離バスで釜山に戻って最後の晩餐と言うことでサムゲタン。絶品でした^^

サムゲタン(サムゲタン)

倭城に興味がある人にはこの本がオススメです!

【バーゲンブック】  秀吉と野望と誤算
笠谷 和比古 他
文英堂
売り上げランキング: 756,644

最後までご覧頂きありがとうございます。
ブログランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

この記事をシェアする

関連記事

倭城の旅(1) 【子城台倭城】
倭城の旅(3) 【草梁倭館・蔚山倭城】
地下に眠る豊臣大坂城の石垣を見る【後編】
倭城の旅(8) 【南海倭城・晋州城】
倭城の旅(6) 【安骨浦倭城・安骨浦鎮城】
地下に眠る豊臣大坂城の石垣を見る【前編】

書いている人

蓋と城

蓋と城

城好きのマンホーラー。日本各地(時には海外へも)の城跡やマンホールを訪ねて旅をしています。100名城スタンプは2冊目に挑戦中。最近は離島の城跡や、琉球王朝関連史跡にはまっています。

folder ◎城巡り

【イチクモンGO】横須賀城の移築門
【イチクモンGO】八神城の移築門
【水軍の城】村上水軍の根拠地・能島城へ上陸してみた
【戦国】真田丸を歩く
more...

folder ◎マンホール

【蓋】香川県東かがわ市(旧白鳥町地区)のマンホール
【蓋】香川県高松市(旧塩江町地区)のマンホール
【蓋】掛川市のマンホール
【蓋】静岡市のマンホール
more...

folder ◎日常

【珍スポット】食品サンプル発祥の地
【日常】前川企画印刷さんでブロガー名刺をつくってみた!
【日常】イイネ!が消えた・・・・
more...

folder ◎お知らせ

【お知らせ】沖縄の史跡マップについて
【イベント】お台場シンポジウム2017『品川台場と堺台場』
【日常】ブログ再開しました。
more...