蓋と城

日本各地のお城とマンホール情報など

倭城の旅(6) 【安骨浦倭城・安骨浦鎮城】

calendar

reload

倭城の旅(6) 【安骨浦倭城・安骨浦鎮城】

mixiから日記を移転中@shinです。

 西生浦倭城を堪能した日は釜山市街に戻って韓成モーテルに宿泊。1泊800円程度(2009年レート)でLAN環境が整っているこのモーテルは二度目の倭城攻めで大変重宝した宿です。

 

倭城の旅(5) 【林浪浦倭城・機張倭城】
倭城3日目は西生浦倭城~林浪浦倭城~機張倭城と巡りました。                         

 

 4日目は日本水軍の拠点であった「安骨浦倭城(アンゴルポ・ウェソン)」に向かうために鎮海市(チナ)に向かいます。ところがここに行くのが難易度が高く、まずは地下鉄1号線で「下端(ハダン)」に行き、そこからバスで「龍院(ヨンウォン)」に移動して、さらに海沿いに30分歩きます。地下鉄2号線の「沙上(ササン)」からなら始発で行けるそうですが、どちらにせよ韓国語は必要ですね。倭城のプロであるK氏が同行してくれていたからこそ無事に訪城出来ましたが、一人で行く自信はありません(^_^;

龍院行きのバスチケット(龍院行きのバスチケット)

安骨浦倭城がある集落(安骨浦倭城がある集落)

 

スポンサーリンク

安骨浦鎮城

 朝鮮水軍の拠点でもあった「安骨浦鎮城」を接収した日本軍は新たに拠点となる安骨浦倭城を築きます。在番は九鬼嘉隆脇坂安治加藤嘉明の水軍三将が交代で守っていました。安骨浦鎮城は住宅地になっていて遺構は無いのですが、港の遺構である堀江や基礎は残っているそうです。(残念ながら見つけられませんでした)

安骨浦鎮城跡は住宅に・・・(安骨浦鎮城跡は住宅に・・・)

 

スポンサーリンク

安骨浦倭城

 安骨浦鎮城跡である住宅地を抜けると安骨浦倭城が見えてきます。海に面した丘陵の築かれた石垣の姿はまさに倭城版竹田城といっても良いシルエット。倭城の中で最も美しい遠景を見せてくれる城です。

安骨浦倭城遠景(安骨浦倭城遠景)

 安骨浦倭城は3つの曲輪が独立している「一城別郭」タイプの城であり、虎口や石垣など最新の織豊系技術を用いています。各曲輪は細い道で繋がっていて要所には登り土塁などの防御も施されています。

安骨浦倭城虎口(安骨浦倭城虎口)

遺構の残りは良い(遺構の残りは良い)

曲輪はそれぞれが独立している(曲輪はそれぞれが独立している)

 しかし、あまりに各曲輪の独立性が高く、それぞれの曲輪には天守台まで築かれています。3つの天守台が造られた城というのもちょっと珍しく、「3人は仲が悪かったのか?」や「家庭内別居か(笑)」などと各人が好き勝手な論評をしていました(^_^;

 案外、仲が悪かったというのは当を得ていて、築城の中にも水軍を預かる諸将同士の競争があったのかも知れません。海賊大名として名を馳せた九鬼嘉隆としては、ポッと出の豊臣水軍武将など片腹痛いでしょうし、早い時期から秀吉から目をかけられていた脇坂安治、子飼いの加藤嘉明もそれぞれに思惑があったことでしょう。現に朝鮮出兵後に脇坂安治は補給路を朝鮮水軍によって断たれた責任を取らされて失脚しています。後年の関ヶ原の合戦において小早川秀秋の寝返りに呼応した4将のうち、早くから徳川家康に意を通じていた脇坂安治はこのときの政争が原因だと私は考えています。

水軍3将が独自に築城している。(水軍3将が独自に築城している。)

城域には3つの天守台がある(城域には3つの天守台がある)

天守台(天守台)

 この安骨浦倭城は遺構も歴史的背景も素晴らしい城ですが、城跡がある鎮海市は近年急速に開発が進められていて、新たな港湾整備のために埋め立て工事が日々行われています。その範囲は城のすぐ下にまで迫っており、近い将来消滅する可能性もあります。反日が強い韓国では、声を大にして保存を訴えると言うことは難しいようで非常に心配なことです。

安骨浦倭城周辺は急速に開発がすすむ(安骨浦倭城周辺は急速に開発がすすむ)

 安骨浦倭城とは地下鉄の工事が計画されている港湾の対岸にあたる場所には、倭城のツートップである「熊川倭城(ウンチョン・ウェソン」もありますが、今回の旅では残念ながらお預けです。 続きます。

 

倭城に興味がある人にはこの本がオススメです!

【バーゲンブック】  秀吉と野望と誤算
笠谷 和比古 他
文英堂
売り上げランキング: 756,644

最後までご覧頂きありがとうございます。
ブログランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

この記事をシェアする

関連記事

倭城の旅(2) 【釜山倭城】
倭城の旅(13)【熊川邑城・釜山鎮城にて第二次倭城遠征終了】
倭城の旅(1) 【子城台倭城】
倭城の旅(5) 【林浪浦倭城・機張倭城】
倭城の旅(9) 【泗川倭城・望晋倭城】
倭城の旅(3) 【草梁倭館・蔚山倭城】

書いている人

蓋と城

蓋と城

城好きのマンホーラー。日本各地(時には海外へも)の城跡やマンホールを訪ねて旅をしています。100名城スタンプは2冊目に挑戦中。最近は離島の城跡や、琉球王朝関連史跡にはまっています。

folder ◎城巡り

【イチクモンGO】横須賀城の移築門
【イチクモンGO】八神城の移築門
【水軍の城】村上水軍の根拠地・能島城へ上陸してみた
【戦国】真田丸を歩く
more...

folder ◎マンホール

【蓋】香川県東かがわ市(旧白鳥町地区)のマンホール
【蓋】香川県高松市(旧塩江町地区)のマンホール
【蓋】掛川市のマンホール
【蓋】静岡市のマンホール
more...

folder ◎日常

【珍スポット】食品サンプル発祥の地
【日常】前川企画印刷さんでブロガー名刺をつくってみた!
【日常】イイネ!が消えた・・・・
more...

folder ◎お知らせ

【お知らせ】沖縄の史跡マップについて
【イベント】お台場シンポジウム2017『品川台場と堺台場』
【日常】ブログ再開しました。
more...