蓋と城

日本各地のお城とマンホール情報など

喜界島で城跡や史跡を訪ねてみた(3)【御殿の鼻・御仮屋・村田新八寓居・城久遺跡・ウフヤグチ鍾乳洞・勝連屋敷・海軍航空基地・戦闘指揮所】

calendar

reload

喜界島で城跡や史跡を訪ねてみた(3)【御殿の鼻・御仮屋・村田新八寓居・城久遺跡・ウフヤグチ鍾乳洞・勝連屋敷・海軍航空基地・戦闘指揮所】

水曜どうでしょう大好き@shinです。

 喜界島での城跡・史跡めぐり初日は島の外周をめぐって平家の伝承地などを訪ねました。2日目は島の内部にある史跡を訪ねます。

 

スポンサーリンク

御殿の鼻

 初日とはうってかわり晴天となった2日目は、喜界島中心街に近い御殿の鼻から見学します。

 琉球国の第一尚氏王朝最後の王となった尚徳王は、なかなか野心的な人物であったようで、明の冊封を受けた後、明や朝鮮だけでなく遠くマラッカやジャワなどまで交易船を出して海外交易を推進します。

 財政基盤を強化したことを背景に領土拡大にも乗り出して、独立した群島国家であった奄美群島を攻略、奄美島・与論島・沖永良部島・徳之島が早々と降伏する中で喜界島だけは激しく抵抗を続けました。

 尚徳王は自ら兵二千、軍船五十隻で島を攻めますが、喜界島の首長以下が籠城した砦がこの御殿の鼻と言われています。当時、島の首長は平家残党の後裔だったともいわれており、伝承が本当だとしてもここで平家は完全に滅びることになったわけです。

 また、この場所はノロが集まり祭祀を行う祭場でもありました。軍事拠点と祭祀の場が同じというのは琉球の影響が強いですね。このあたりは平家伝承を否定する材料になっています。

御殿の鼻『御殿の鼻』

御殿の鼻の周辺地図


より大きな地図で 喜界島の城跡・史跡 を表示

 

スポンサーリンク

喜界島御仮屋

 元和の一国一城令(1615年)によって鹿児島城以外の城を破却した薩摩藩(島津氏)でしたが、旧城下を「麓」として再編して一門や地頭を置きました。

 薩摩藩独特の制度である「外城」ですが、この麓の行政所として「御仮屋」もしくは「地頭仮屋」と呼ばれた代官所が設置されています。

 領主は鹿児島常在なので、政務は地頭麓三役(郷士年寄・組頭・横目)が行っていました。喜界島にも元禄九年(1696年)に御仮屋が設置されています。

喜界島御仮屋『現在も島の中心部てだが遺構は無く説明板があるのみ』

喜界島御仮屋の周辺地図


より大きな地図で 喜界島の城跡・史跡 を表示

 

村田新八寓居

 幕末の志士で西郷隆盛の盟友であった村田新八が、島津久光の怒りに触れて流されたのが喜界島でした。文久二年(1862年)から元治元年(1864年)までの1年半を島で過ごしていますが、何度か転居をした後に碑が建つ喜島家(現在もご子孫の方が在住)に移りました。

 島では役人以下、島民にも慕われて比較的自由な生活をしていたようです。「当年も異郷之春を相迎、年月の運りゆくを楽ミ、兎に角ニ面白、子供抔と破魔投等、年首悪鬼払ニ仕、至極元気ニ罷暮申候間、御放志可被成下候」と鹿児島伝統の正月遊びである破魔投げを楽しんでいる様子が手紙に残っています。

 赦免された後は、西郷と共に幕末の動乱を切り抜けて、最後は城山で西郷と共に自刃した新八。喜界島での生活は案外、もっともゆったりと過ごした日々だったのかもしれません。

村田新八寓居宅『寓居跡には石碑が建つ』

村田新八寓居宅の周辺地図


より大きな地図で 喜界島の城跡・史跡 を表示

 

城久遺跡

 城久(グスク)遺跡は、喜界島の中央部に位置していて、島では最大規模の史跡です。土器や白磁器などの出土品の他に、大型掘立柱建造物などが発掘されていて現在も調査が続いています。

 奄美群島に属しながらも奄美渡島独自の兼久式土器が見つからずに土師器や須恵器が数多く見つかることから、九州や畿内とのつながりが強かったと考えられています。

 平安時代中期には、雨見島(奄美大島)の追討を命じられた文献が残っていることから、太宰府の支配下にあったと考えられていて、おそらくは太宰府の南方交易の拠点であったのでしょう。

 鎌倉時代になると、日本の領域外と認識されていたようなので、太宰府の機能低下と共に独立性を高め、やがては琉球王朝の支配下になっています。結果次第では中世の歴史を変えると言われている城久遺跡、今後の調査に期待したいですね。

城久遺跡『調査は続いていますが見学用の整備はされていません』

八幡神社

 元禄十年(1697年)、喜界島に代官所が設置された翌年に建立された神社(喜界島代官記)が城久遺跡跡にあります。喜界島の景色が一望できるこの神社は、名前の通り八幡神を祭る神社で小野津の集落にもあります。

 八幡神といえば源氏の守護神として崇められている神で、源為朝の琉球王朝始祖伝説に関連しているのですが、代官所の設置翌年に建立ということを考えると、琉球統治の影響力を排除するために島津氏が為朝伝説を利用したと考えることも出来ます。

八幡神社

八幡神社2『眺望が素晴らしい城久地区の八幡神社』

城久遺跡の周辺地図


より大きな地図で 喜界島の城跡・史跡 を表示

 

ウフヤグチ鍾乳洞

 ウフヤグチ鍾乳洞は「太谷口鍾乳洞」とも呼ばれていて、鍾乳石や石筍が素晴らしい鍾乳洞だったらしいのですが、戦時中に防空基地とされて破壊されてしまいました。ドラマ「遅すぎた帰還・実録小野田少尉」のロケがここで行われています。

 

 

ウフヤグチ鍾乳洞『足下は悪いので訪れるときは注意してください』

ウフヤグチ鍾乳洞の周辺地図


より大きな地図で 喜界島の城跡・史跡 を表示

 

勝連屋敷

 三山時代の琉球において有力であった勝連按司(地頭)が喜界島に進出したときの館。屋敷内に「力石」と称する二個の石も残っています。

力石・・・琉球三山時代に 勝連の殿様が城を築いた際に島民に夫役が課され、全島の若者にこの石を持ち上げさせて 夫役の人夫として使えるか体力を試したという由来がある。(喜界町史)

勝連屋敷『勝連屋敷遠景』

勝連屋敷2『力石も残っている』

勝連屋敷の周辺地図


より大きな地図で 喜界島の城跡・史跡 を表示

 

海軍航空基地 戦闘指揮所

 喜界島空港の前身は旧日本海軍の南方中継基地でした(昭和六年建設)。昭和十九(1944年)には、本土防衛の重要性もあり大幅な整備拡張が行われています。

 菊水作戦時には陸軍航空隊と基地の共同運用を行っており、両軍の航空隊が沖縄を攻撃している米軍に特攻攻撃を行っているという悲劇もありました。空港の片隅には慰霊碑が建っています。

菊水作戦(きくすいさくせん)は、太平洋戦争末期、連合国軍の沖縄諸島方面への進攻(沖縄戦)を阻止する目的で実施された日本軍の特攻作戦である。作戦名の「菊水」は楠木正成の旗印に由来する。(Wikipediaより)

 菊水作戦を行う中継基地として喜界島基地は重要視されていて、その遺跡としては「戦闘指揮所」が残っています。特攻隊員も出撃前はこの場所で作戦指示を受けていたと伝えられています。

 当時の最高機密であったためにいつ建設されたかという事は記録に残っていません。国内で唯一現存する戦闘指揮所の建物です。

掩体壕『戦闘指揮所』

海軍航空基地慰霊碑『海軍航空基地戦没者慰霊碑』

海軍航空基地・戦闘指揮所の周辺地図


より大きな地図で 喜界島の城跡・史跡 を表示

 

おわりに

 比較的短時間で気軽に巡れる喜界島ですが、遺構を楽しむというよりは歴史と自然を感じて欲しい島です。

 沖縄などで台風などの悪天候で飛行機が遅れることはありますが、晴天のこの日も風が強くまさかの飛行機欠航・・・・ 小型機は少しの強風でも欠航するリスクがあるのですが、俊寛が島で一生を終えた事を感じに来て自分が島に閉じ込められるとは思いもよりませんでした(^_^;)

 

波が高く・・・『波が高く予兆はあった・・・』

 

 買い物する場所や飲食店には困らなかったのですが、意外とビジネス客が多く、飛行機のチケットはすぐに満席になりますので注意が必要です。予定外の宿泊はウィークリーハウスに泊まりました。

 離島の旅は予定外のリスクに備えて余裕ある日程でいかないと反省した旅でもありました。(終)

参考文献 「東アジアの古代文化130号」(大和書房),喜界町史

 

 

喜界島空港『天気が良くても風が強ければ飛行機の欠航はあります』

最後までご覧頂きありがとうございます。
ブログランキング参加中です。よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

この記事をシェアする

書いている人

蓋と城

蓋と城

城好きのマンホーラー。日本各地(時には海外へも)の城跡やマンホールを訪ねて旅をしています。100名城スタンプは2冊目に挑戦中。最近は離島の城跡や、琉球王朝関連史跡にはまっています。

folder ◎城巡り

【イチクモンGO】横須賀城の移築門
【イチクモンGO】八神城の移築門
【水軍の城】村上水軍の根拠地・能島城へ上陸してみた
【戦国】真田丸を歩く
more...

folder ◎マンホール

【蓋】香川県東かがわ市(旧白鳥町地区)のマンホール
【蓋】香川県高松市(旧塩江町地区)のマンホール
【蓋】掛川市のマンホール
【蓋】静岡市のマンホール
more...

folder ◎日常

【珍スポット】食品サンプル発祥の地
【日常】前川企画印刷さんでブロガー名刺をつくってみた!
【日常】イイネ!が消えた・・・・
more...

folder ◎お知らせ

【お知らせ】沖縄の史跡マップについて
【イベント】お台場シンポジウム2017『品川台場と堺台場』
【日常】ブログ再開しました。
more...